ドリーム・アジア・パシフィックが贈るインドネシア屈指のダイビングサイト紹介Dive Dream Indonesia

8/19-8/24 コモドクルーズ

今回のコモドクルーズは、和気あいあいとした大変にぎやかなクルーズでした。
少人数でしたので、ゲストの皆様には広々としたスペースでゆったりとおくつろぎいただけたと思います。

最近全体的に少々水温が低めのコモドですが、南の水温は通常よりも実は少し暖かく、快適でした。 
南の特徴とも言える色鮮やかな大変きれいな景観と、かわいらしいホヤたち、
そしてたくさんのウミウシを観察しました。 
底生生物の多い南のポイントですが、このような景観はなかなかほかの海では見られない特徴的な海だと思います。 

マンタポイントは、外洋に面していることもあり、水温が下がりましたが、
次から次へと現れるマンタのおかげで、寒さも吹っ飛んでいったように思います。 

そして今回は、参加ゲスト全員が毎日ナイトダイビングに参加され、コモドの海をフルで楽しんでおられました! 
クラゲを背負っているカニ、小さくてかわいいボブテイルスクイッド、きれいなハナイカ、
かわいい極小カエルアンコウ、連続で登場するニシキフウライウオなどなど、
毎晩オモシロ生物が続々登場し、興奮しっぱなしのダイビングでした。 

後半はコモドの北側で、魚の群れを堪能。 ヒラニザが渦のように群れていると思ったら、
なんとその中からロウニンアジやギンガメアジがわらわらと現れ、捕食のタイミングを計っていました。 
辺りにはムレハタタテダイが群れ、タカサゴ類は流星のように動き、水族館のような景観でした。 

最後はのんびりとサンゴのきれいなエリアでダイビング。 
浅瀬のサンゴに太陽のに光が入り、そこに集うスズメダイたちがまるできらきらと光っているようにも見えました。 
ご飯を食べていたり、休んでいたり、たくさんのアオウミガメが生息するポイントでもあり、 
流れもなく、心地よい透明度と水温の中、きれいなサンゴに包まれ、至福の時を感じていただけたことと思います。

今回のコモドの海況は・・・
北エリア 水温;±27℃ 透明度;±18m
中央エリア 水温;±26℃ 透明度;16m
南エリア 水温;±25℃ 透明度;12m

でした。

最近の投稿
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.