ドリーム・アジア・パシフィックが贈るインドネシア屈指のダイビングサイト紹介Dive Dream Indonesia

7/29-8/3

今回のコモドクルーズは少人数でしたので、
広いスペースを思う存分楽しんでいただける贅沢なクルーズライフをお楽しみいただけたように思います。
全体的に少し水温が低かったですが、どのポイントも比較的透明度は高かったです。
 
そんな海況の中、今回のハイライトはマンタでした! 
マンタポイントだけでなく、そのほかのポイントでもたびたびマンタと遭遇しましたが、 
その中でも今回一のマンタは、北エリアで出会った、ちびマンタ!
まぶしいホワイトサンドのボトムに点在する小さなボミーでクリーニングをしていたちびマンタは、
周りにいる私たちを全く気にせず、気持ちよさそうにくるりんくるりんとまわっていました。 
さらにクリーニング地点がまた素晴らしく、
スカシテンジクダイやハナダイがたくさん生息しているとてもきれいなボミーで、
背景は大変美しいホワイトサンドということもあり、なんともメルヘンな光景でした。 
時間にすると10分以上はそこに滞在していたのではないでしょうか。 
このような素晴らしいシチュエーションで、
長い時間じっくりとマンタを観察できることもなかなかないと思います。

そのほかにも、最終ダイビングのムレムレの魚たちも大変素晴らしかったです。 
ヒラニザやカンランハギが壁のように群れ、あたり一面をムレハタタテダイが泳ぎ、
クマザサハナムロの群れは流れ星のようでした。 
そしてすごい速度でモロの群れが目の前を通り過ぎたかと思うと、
後ろにはそれを追いかけるロウニンアジの姿が…。 
しばらく追いかけっこしているモロとロウニンを見ていると、
トムとジェリーを見ているような光景に見えてきました! 
そんなワンシーンもあり、他のところではギンガメアジが群れていたり、ホホスジタルミが群れていたり、
サメがぐるぐる泳いでいたりと、まるで水族館のようなラストダイブを楽しむことができ、
今回のクルーズの素晴らしい締めくくりになったのではと思います!

今回のコモドの海況は・・・
北エリア; 水温:±27℃ 透明度:±20m
南エリア; 水温:±24℃ 透明度:±15m
中央エリア; 水温:±25℃ 透明度:±16m

でした!

今回ご乗船のM様より素敵なお写真いただきました!

manta072218komodo

最近の投稿
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.