Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

3/18-3/24 ラジャアンパットクルーズ

今回は、本年度最後のラジャアンパットクルーズでしたが、少人数で和気あいあいとした雰囲気で、
毎晩のように宴会の盛り上がるクルーズとなりました。

水中の盛り上がりも止まりません! 今回は序盤からピグミーシーホースのオンパレード! 
なんと2日目にしてサンタクロース・デニス・ポントヒを確認! 
次の日にはバルギバンティと、ラジャに生息する4種すべてを制覇してしまいました。 
サンタクロースタイプはラジャのセントラルエリアには少ないタイプなので、大変ラッキーだったと思います。 

そして、ラジャアンパットの西側エリアでは、大変素晴らしいサンゴをご覧いただきました。 
どのポイントもソフトコーラル、ハードコーラルともに美しく、
特にメリッサガーデンというポイントには、どこまでも続くエダサンゴの群生があり、
またそこにかわいらしいスズメダイ類が群を成し、素晴らしい景観が広がっています。 
また、陸上からもラジャアンパットらしい島々が広がる景色をお楽しみいただける、最近の一押しエリアです。 

水中景観ポイントのパッセージでは、お天気にも恵まれ、きれいな光のカーテンが、
ホール、ソフトコーラルエリアに差し込み、大変美しい景観をお楽しみいただくことができました。 

ナイトダイビングでは、ウォーキングシャークがあまりゆっくり観察できなかったのが残念でしたが、
カーペットシャークとの遭遇率は大変高かったように思います。 

最後はラジャアンパットを代表するポイントで、魚の群れを存分にご覧いただきました。 
ウメイロ・タカサゴ類が群れ、キツネフエフキが群れ、
その先にアヤコショウダイ、バラフエダイ、ナミフエダイ、そしてさらにその先にツバメウオなどと、
群れが何層にもなっていて、魚種の多さを実感していただけたのではと思います。

今回のラジャアンパットの海況は・・・
水温;±29℃
透明度;10-18m

本クルーズをもって本年度ラジャアンパットは終了いたします。
5月からはコモドシーズンの到来です。
オフ明けのコモドの海はサンゴが元気!
また5月は風物詩のイレズミフエダイも群れる時期です。
まだまだ空席ございますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください!!!

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.