Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

8/27-9/1 コモドクルーズ

この度のコモドクルーズは水中写真家の大方洋二様にご乗船頂きまして貴重なお話しもたくさんお伺いすることのできたクルーズとなりました。
弊社コモドクルーズは北エリアのワイド、南エリアのマクロとマンタ、そして北と南が混ざった中央エリアをご紹介しておりますが、それぞれの特徴をしっかりと味わっていただけたのではないでしょうか。

北エリアではどこを向いていいのか迷うくらい魚に囲まれ、豪快で迫力のあるコモドを象徴する光景となりました。
あちこちで捕食にはいるロウニアジの姿や、普段は単体で行動するカスミアジが、群れで泳ぐ珍しい様子も目にすることができました。

マンタポイントでは、水路でホバリングをするマンタの行列を見ることができました。
頭上を覆われ、手が届きそうなほどの距離まで迫るマンタは大変見応えがありました。

また南エリアでは、低い水温も忘れるくらい、表情豊かなホヤ類や、そのホヤを食べるウミウシ、触手をめいっぱい広げて捕食しているシーアップルやイソギンチャクなど珍しいマクロ生物にくぎ付けとなりました。

そして最終日は何千、何万にも及ぶハナダイが生息するポイントをご案内しました。
浅瀬の珊瑚に降り注ぐ光と華やかなハナダイ群の様子は、豪華絢爛コモドの海を締めくくるにふさわしい一日となったのではないでしょうか。

今回のコモドの海況は・・・
北エリア:水温±28℃ 透明度±20m
中央エリア:水温±26℃ 透明度±18m
南エリア:水温±23℃ 透明度±15m

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.