Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

7/23 コモドクルーズ

この度のコモドクルーズはパラオを拠点とする皆様にお越しいただき、
初日から大変賑やかなチャータークルーズとなりました。

透明度・水温共に高く、魚の群れや回遊魚を楽しめるのがコモドの北エリアの特徴ですが、
今回の目玉はやはりハンティングシーンかと思います。 
タカサゴ類が至る所に群を成し、大きなロウニンアジがぐるぐる回って狙いを定めていました。ロウニンアジやカスミアジがハンティングに入る際の、
ドン!という大きな音とともに、目の前の魚が一気に動く瞬間は、
まるで別世界に引き込まれたような感覚がします。 
また、クマザサハナムロが一斉に動く姿は、まるで流星群のようでした。 
海峡中のポイントには素晴らしい珊瑚が広がり、
そこに集まる無数のハナダイ達も大変見ごたえのある景観だと思います。 
浅瀬には太陽の光が入り、見事な色彩を生み出していました。 
チャネルでのダイビングでは、その豪快な地形と、
流れの速さを実感していただけたのではないでしょうか。

南の入口、パダル島では、陸上からの景色もお楽しみいただきました。 
通常は立ち寄ることが少ないので、大変ラッキーだったと思います。 
素晴らしい景色と共に、コモドの海の潮の激しい潮流もご覧いただけました。 
水中は栄養分豊富な深層水が上がってきており、少々水温が低くございましたが、
色彩鮮やかなホヤ達、ロブストシーキューカンバーなどの底生生物、
また固有種のコモドカーディナルフィッシュなど、個性的な生物をご覧いただけたと思います。

今回のコモドの海況は・・・
北エリア:水温±28℃ 透明度±22m
セントラルエリア:水温±27℃ 透明度±20m

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.