Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

7/2 コモドクルーズ

この度は風の影響で、残念ながら南エリアへ行くことが叶いませんでしたが、
暖かく透明度の高い北エリア、そして珊瑚の大変綺麗なセントラルエリアの海を
たっぷりと楽しんでいただけたと思います。

北エリアの一押しのワイドポイントでは、タカサゴ・ウメイロ類が群れを成し、
至る所にムレハタタテダイが群れ、さらにはモロやツムブリなども群れで入ってきました。 
ロウニンアジやイソマグロは編隊でその魚達を狙い、ぐるぐると回っていました。 

また、今回は通常流れに乗ってドリフトを楽しむチャネルに、潮止まりを狙って入りました。 
そこはまるでロウニンアジのアジトかというほどロウニンアジがひしめき合っており、迫力満点でした。

ナイトダイビングでは、たくさんの光を照らし、深海から上がってくる幼魚を観察する、
ナイトトラップを楽しんでいただきました。 
観察用に捕獲された幼魚は一日一日と日が経つにつれ、幼魚の色に変化が出てきます。 
さまざまな幼魚を観察しましたが、この度一番変化があったのは、クロハコフグでした。 
最初は真っ黒な個体でしたが、最終日には小さな水玉模様を確認出来ました。 

通常のナイトダイビングでは、セントラルエリアにて、
小さくてかわいらしいニヨリミミイカや、ホヤ、カイメン、イソギンチャク、
また、おもしろい飾りをつけるカニやヤドカリ、ツノザヤウミウシ他各種ウミウシなど、
個性豊かな面々を観察することができ、大変充実していたと思います。

最終日はセントラルエリアの綺麗なサンゴと、
そこに集うスズメダイやハナダイに囲まれつつも、ロウニンアジの編隊やヒメフエダイの大きな群れ、
マダラタルミやホホスジタルミの群れも観察できました。 
浅瀬にはオヤビッチャもたくさん群れており、大変綺麗な光景が広がっていたと思います。

弊社ではインドネシアの魅力をベストシーズンで皆様へお届けしております。
ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さいませ。

今回のコモドの海況は・・・
北エリア:水温±29℃ 透明度±22m
セントラルエリア:水温±28℃ 透明度±20m

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.