Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

2/5ラジャアンパットクルーズ

この度クルーズでは初日から多くの皆様がナイトダイビングに参加され、夜も遅くまで大賑わいでした。
ラジャアンパットでは、ナイトダイビングも欠かせないポイントの一つですので、
お酒の好きな方は少しだけお酒の時間を先延ばしにしていただく必要がありますが、
後悔させないくらい面白い生物を観察することができます。
この度も、ぶさかわいい顔がなんとも愛らしい、水中で鳴く魚、バンデッドトードフィッシュや、
歩くサメことラジャエポーレットシャーク、さらにはカーペットシャークことタッスルドウォビゴンといった
ユニークな面々がたくさん登場しました。 
中にはウォーキングシャークが後進している姿を見ることができた方もいらっしゃいましたよ! 
バックできるサメ・・・もなかなかいないのではないでしょうか(笑)。

昼間のダイビングでは、たくさんの魚の群れをご覧いただきました。
バラクーダ、ギンガメアジ、ツバメウオなど、同じ魚が群を成しているところもあれば、
数種類のハギ類、タカサゴ類、フエダイ類などがごちゃまぜになって、
「人混み」ならぬ「魚混み」のようにひしめき合っているポイントもございました。 
このような、どこを見ても魚だらけ!といった風景は、
他の海では見ることはできないと思います。 

また、ラジャアンパットの人気者の一つでもあるピグミーシーホースは、
バルギバンティ、デニス、ポントヒ、サトミといったたくさんの種類を観察することができました。 
水中景観ポイントとして有名なパッセージでは、見事に光のカーテンが差し込み、
その美しいソフトコーラルはさらに色鮮やかに輝いておりました。 
皆様には、見事な水中景観をご覧いただけたことと思います。

今回のラジャアンパットの海況は・・・
水温:±29℃
透明度:12~20m

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.