Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

8/14 コモドクルーズ Sea Safari 6号

日本がお盆のこの時期、お陰様で弊社コモドクルーズは満員御礼、2艘体制で出発しました。
まずはSea Safari6号から!

今回は皆様のおかげで大変賑やかなコモドクルーズとなり、私共スタッフ一同も大変楽しませていただきました。     
コモド諸島はサバンナ気候にて、乾季の時期はあまり雨が降らず、そのため本来、赤茶けた島々の景観が見られるのですが、未だ緑の残る風景が広がりいつもとは少し違ったコモドの雰囲気だったように思います。 これも世界的異常気象の一端のようにも思います。

さて、水中世界は、透明度、水温共に高い北の海で、魚の群れにアタックする肉食回遊魚の姿をご覧いただけたと思います。 絶好調とは言い難い状況ではありましたが、コモドのワイドの底知れない迫力を感じていただけたのではと思います。 
また、大変珊瑚の多いエリアですので、チョウチョウウオ類やヤッコ類、スズメダイ類、ハナダイ類、他では少ないイナズマヤッコなども数多く、じっくり観察いただけたのではないでしょうか。 

南エリアでは、今年全体的に水温が高く、透明度もいつもに比べて高かったので、より色鮮やかな水中景観、多くの底生生物をご覧いただけたかと思います(普段注目されない水中生物へ興味が湧く第一歩になれたのではと思っております)。 
ナイトダイビングでは、お酒の大好きな皆様をダイビングで満足頂けるよう、多くの珍種、レア生物が登場・・・やはりコモドのナイトは「潜らナイト!」 ですね!! 
唯一南のマンタポイントでは残念な海況でしたが、最終ダイビングのマンタファームで、マンタ・マンタ・マンタとマンタのオンパレード!見事に南ポイントの雪辱を晴らし、ラストダイブにふさわしい大迫力のダイビングとなりました。 終わりよければすべてよしですね! 

今回のコモドの海況は・・・
北エリア:水温±28℃ 透明度±20m
南エリア:水温±27℃ 透明度±17m

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.