Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

2/21-27 ラジャアンパットクルーズ

この度のラジャアンパットクルーズでは、非常に透明度が良く、定番の魚から希少種まで、
多くの生物をじっくりご観察することができました。 

初日のユムスロープでは、大小さまざまなニシキテグリとピクチャードラゴネットが、
いたるところから登場したり、更に同じくユムスロープでのサンセット〜ナイトダイビングでは、
希少種であるワンダーパスオクトパスやバンデッドトードフィッシュ(水中でゲコゲコ鳴く魚)に
遭遇された方もおられました。 

海峡中のポイントのクリ・マンシュアール付近では、
巨大なバラクーダやナポレオン、カンムリブダイなどが続々と登場! 
また、各種ウミウシやハゼ類、大人気のピグミーシーホース(バルギバンティ、ポントヒ)なども数多く見られ、
マクロからワイドまで充実したラジャアンパットの海を体感できる1本でした。 

そして、今回の大きな見所の一つのミオスコンリーフでは、
水底や中層ではフエダイやフュージュラーが大きな群れを成し、
更には大変見ごたえのあるアジの捕食シーンを観察することもできました。 
時には水面付近を天幕のように覆い、時には流れる川のように泳ぐフュージュラーの様子は、
大変印象深かったと思います。 

ナイトダイビングでは、ラジャアンパットの代名詞ともいえる、
ラジャエポーレットシャークが今シーズンも100%登場しております。
他では決して見ることの出来ない希少な「歩くサメ」を、
すぐ傍でご観察いただけるのも、弊社クルーズならではの特徴です。
 
今回はマンタの登場が少なく、少し寂しさが残りましたが、
どのポイントでも多種多様な生物が登場するという、大変貴重なクルーズになったと思います。

水温;±28℃
透明度;14~18m

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.