Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

1/10-16 ラジャアンパットクルーズ

この度のラジャアンパットクルーズ、1本目のユムスロープでは、
いたるところから顔を覗かせるニシキテグリやピクチャードラゴネットの色彩や模様など、
じっくり観察していただけたことと思います。 
更にチョウチョウウオ類・ヤッコ類などの幼魚や、カエルアンコウ、カニハゼ、
ニシキフウライウオなどの人気者たちが姿を現す充実したダイビングとなりました。 

海峡中のポイントでは、流れのある場面が多かったですが、
ロウニンアジやバラクーダなどの大物や、フエダイ類・ハギ類の群れなど、
ワイドを象徴するラジャアンパットらしい光景が広がっていました。 

ミオスコンリーフ(別名イエロースロープ)の黄色い魚たち(ヨスジフエダイ・キュウセンフエダイなど)が
大きく群れを成している様子などは、今回の大きな見所の一つだったように思います。 

クルーズ後半は曇が多い天気でしたが、時より顔をのぞかせる太陽の光は、
浅瀬の色鮮やかなサンゴと、そこに集まるスズメダイやハナダイを美しく映し出し、
その様子は皆さんの記憶にも鮮明に残っていることと思います。
 
ナイトダイビングポイントのエアボレックジェティやフリウィンボンダでは、
大人気のラジャエポーレットシャーク(歩くサメ)が登場! 
中にはサメがエビを捕食するシーンに遭遇された方もおられました。 
その他、サンドボトムに全身を出しているバンデッドトードフィッシュ(ゲコゲコ鳴く魚)や
泳いでいるタッスルド・ウォビゴンが登場するなど、希少な場面が多いナイトダイビングでした。
 
最終日のブルーマジックではオーシャニックマンタ(ブラック・ノーマル共に!)が悠々と登場! 
ダイビング中は捕食シーンやクリーニングシーンのマンタを
いつでも片隅に捉えることができるようなマンタダイブとなりましたね。 
また少し流れていましたので、ギンガメアジの大群が、
流れに向かって編隊を組むように泳いでいる迫力ある様子もご堪能頂けたことと思います。

水温;28~29℃
透明度;12~18m

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.