Introduction of one of Indonesia's best diving sites presented by Dream Asia-Pacific

12/20-26 ラジャアンパットクルーズ

今クルーズは天候・透明度にも恵まれる中、多くの魚が登場しました。
 
特にミオスコンリーフでは、別名イエロースロープと呼ばれる由来となった
黄色い魚(ヨスジフエダイ、キンセンフエダイ他)の群れと、
シルバーウォールといっても過言ではないくらい目前を覆う、
フュージュラー(ピンストライプフュージュラーなどのタカサゴ類)の様子が
圧巻だったと思います。 

パッセージでは、タイミングよく光が差し込み、
洞窟内の光のカーテンやマングローブからこぼれ出る光と、
色鮮やかなサンゴの景観が素晴らしいものでした。      
     
ナイトダイビングでは、人気の歩くサメこと、ラジャエポーレットシャークが今回も登場! 
胸鰭をうまく使って歩いている仕草をじっくり観察していただきました。
また、最近人気が定着しつつある水中で鳴く魚、バンデッドトードフィッシュも、
今回は至るところで鳴く声が聞こえました。 
普段は穴の奥で身を隠していますが、その風貌は一見、魚とは思えない、まさに希少価値大です!

さらにブルーマジックでは、潜降して間もなくオーシャニックマンタが登場!! 
約20分もの間すぐ傍を旋回、1メートルもない距離にまでマンタが迫ってくるシーンや、
ギンガメアジの大群、巨大ロウニンアジ、バラクーダの群れなどの登場もあり、
まさに最終日に相応しい充実した1本でした。 

さらに・さらに、船上からはクジラ・イルカ・マンタの登場に出くわされた方もおられ、
クリスマスらしい☆ハッピーサプライズクルーズであったと思います。

水温:28~29℃
透明度:10~18m

New Posts
Copyright 2015 Dive Dream Indonesia. All Rights Reserved.